痴女とは?

痴女って何?

痴女

痴女と言う言葉は性風俗業界の造語です。痴女に明確的な定義があるわけではありません。
スケベな変態的性欲絶倫のような厭らしい女性がその主導権のもとで、男性に厭らしい性的行為をする女性の事を指し、色情性欲が強く変態的性行動を男性に犯す場合等の解釈に用いられます。その言葉の語源の基は、古くからあり、1887~1889年頃に発表された二葉亭四迷の小説/浮雲の中に『痴女子』、1900年小杉天外/序‥痴女のせっぷと‥言う言葉が出てきます。現代の痴女と言う概念の意味あいとは程遠い使い方もまた面白い。日本国語辞典では、おろかな女、色情に迷う女とも書いてあります。
時代背景によってその捉え方がまったく違う事も面白い。痴女と言うジャンルが流行りだしたのは、1990年代の後期、どこかの風俗店から発しその後、AV等から広まって流行っていったものと思われます。あくまでも妄想の中だけのものが現実として叶えられるのが風俗店だからできるものです。痴女の捉え方もコンセプトも各痴女風俗店によって様々で行っています。‥『痴女』と言う造語の妄想や概念が、淫乱症な女であったり、病的なほど色狂いとか、各個人個人でも痴女感は様々です。『痴女』と言う言葉のイメージは型にはまる事なく、それぞれの痴女によって厭らしく突然犯されて何されるか解らない位の方が性的興奮を与えて『痴女』の本質に近づくものではないでしょうか。そんな痴女に犯される快楽を与えてくれるのが‥きっと『痴女M性感カリスマ』の痴女達です。