前立線の機能役割と前立線マッサージの効果

前立腺の役割と前立腺マッサージ

前立線マッサージの歴史は数千年前から‥

前立腺マッサージの歴史はかなり古く、インドのタントラ哲学から発祥されていて、数千年前から行われていました。
当時の皇帝にすばらしい快楽を提供するためにいくつかの指圧マッサージと『会陰と前立線』を刺激する快楽を提供しました。
それは、タントラマスターと言うタントラ境地をなし得た人物に技術指導のもと行ったようです。タントラ教とはその宗教集団がある訳ではなく、バラモン教(ヒンドゥー教)・仏教(密教)問わずタントラと呼ばれる経典を奉じる、インドの神秘主義的教団の欧米における総称です。>

■前立腺の機能役割と前立腺マッサージの役割

◆前立線の機能

前立腺

前立腺の主な機能役割は、第一に生殖に不可欠な精液の一部となる前立腺液を分泌することです。
この前立線液は乳白色の弱アルカリ性の液体で、成分には酸性 フォスファターゼ、クエン酸、亜鉛などが含まれ精液の約25%を占めます。精子を守 る働きを持っています。精液独自の匂いは、前立線液に含まれるスペルミンという物 質によるものです。前立線液の役割は、精子を活性化したり栄養分を与える働きをし ます。射精する前の精子は休眠状態にあり、自ら運動しませんが、前立線液と合わさることにより活発に動き始めます。
その他、タンパク質を分解して精液を液状化働きをするセリンプロテアーゼという酵素も含まれています。射精されたばかりの精液は、粘り気がありますが、しばらく放置するとサラサラの液状になるのはこのためです。それ以外にも膣内の酸性を中和したり、膣の運動を促進して受精を助ける働きもあると言われていますが、その役割はまだ十分に解明されていない神秘の液体です。

第二の機能役割は精液を尿道へ送り出すポンプとしての役割です。前立腺はすべての分泌物が合流する場所であり、精子・精嚢液・前立腺液の3つが混合されて初めて精液となります。前立腺には分泌腺とともに平滑筋繊維が発達しており、射精時には規則的に収縮を繰り返して精液をペニスへと勢いよく送り出します。

前立線は、尿道を取り囲んでいる位置関係からも解るように、排尿にも大きく関わっています。中高年になると前立腺の肥大が多く見られ、尿道を圧迫することによって排尿障害を起こすことになります。尿のキレが悪い、残尿管がある、出したくても出ないなどということが起こります。前立線肥大などには、マッサージの他サプリメントでノコギリヤシ等も飲んでみるのもお勧め。

■前立線マッサージの役割

◆身体機能改善としての前立腺マッサージ

前立線マッサージは東洋において数千年の歴史があると言われています。本来前立線マッサージの目的は、慢性前立線炎、前立腺疾患 、不妊、良性前立腺肥大症(BPH)と勃起不能改善などのため処置改善に古くから行われていて、現在ではその医学的根拠も証明されてます。前立腺マッサージを行うことにより、頻尿が改善する、尿の勢いがよくなった、尿漏れをしなくなった、残尿感が消えたなどがあります。前立腺肥大によって炎症を起こした前立腺も、尿がスッキリと出るようになって、不快な症状が改善されるという効果があります。

◆M性感快楽における前立腺マッサージ

前立線はアナルの奥深くにある性感帯で『男性のGスポット』とも呼ばれ男性にしかないものです。
前立腺は射精において中心的な役割を果たします。指サック又は薄いゴム手袋をして、アナルの入り口と指サック の両方にローションを塗り、アナル入り口から徐々に柔らかくほぐしながら馴らし、第一関節あたりまで指を挿入しス ムーズに動くように少し出し入れします。痴女がその指で前立線を探し当て刺激しマッサージをする事で、オーガズムの今まで味わったことのない絶頂を感じて射精します。前立線をマッサージするだけで絶頂射精はしますが、そこに行く過程において、性的妄想興奮とM性感快楽を倍増させるための痴女独自の隠語責めや乳首責め他、前立線とペニスの同時責め等の様々なM性感プレイ要素を交えながら行いますので、絶頂快楽も倍増されます。